• システムを段階を追って開発する方法

    システム開発では長らくすべての項目を使用という形で固めてからプログラムを行うウォーターフォールモデルが採用されてきていました。

    しかし、ウォーターウォールモデルでは発注者側からの機能変更や追加、また、仕様書の不備があった場合に手戻りが必要になり、工期の延長が必要になるケースが多かったようです。そこで最近利用が増えているのがスパイラルモデルです。

    交通費精算についての情報をまとめたサイトです。

    スパイラルモデルは発注者との意見調整の後に単機能もしくはコンポーネントごとに仕様策定、プログラム、テスト、評価を繰り返していく手法です。



    発注者との意見調整もしやすく、また、追加機能や変更に強い開発技法として注目されています。



    また、システム開発において並行作業がしやすいこともメリットの1つです。

    ウォーターウォールモデルを使ったシステム開発でも並行作業は可能ですが手戻りがあったり、テスト時に他のモジュールを待つ場合など無駄な人員が出てしまうことが多いようです。スパイラルモデルではチームごとに仕様策定から行っていくので待つ人材が少なくなり、効率的に人員を扱えます。また、人員追加もし易いプロジェクトモデルと言われています。
    システム開発では人員の追加のタイミングが難しいと言われており、特にウォーターウォールモデルでは追加が難しいです。